ヘモグロビンa1cと血糖値を下げたい方必見!サプリランキング

ヘモグロビンa1c サプリ

空腹時の血糖値測定条件と正常値を把握しておく

 

糖尿病のリスクを把握する上で大事になってくるのは、健康診断での空腹時血糖値の把握になります。空腹時血糖の測定条件と正常値をしっかりと理解しておかないと、自分に糖尿病のリスクがあるかどうかは分からないので、しっかりと確認していてください。

 

そもそも空腹時血糖値とは何かというところから説明しますと、健康診断というのは空腹時血糖値とHbA1cを測るということが多く、空腹時血糖値に関しては食事後9時間何も食べない状態で計測する血糖値になります。検診前に食事をすると通常より数値が高くなるので食べないようにしてください。

 

この空腹時血糖値が126mg/DL以上であれば再検査が必要になり、100mg/DLであれば保健指導の対象となります。生活習慣改善の支援が保健指導です。単純にメタボ予備軍であるということを理解しておきましょう。ちなみにもう一つのHbA1cというのは、血液中のヘモグロビンが糖と結合したものであり、これの割合を調べれば1〜2ヶ月以内の平均的な血糖値の目安が分かります。

 

過去の平均値を知る上でHbA1cの検査が必要であるということです。どうして以前のものが必要なのかというと、健康診断で出た数値が問題なくても平均値が問題ある可能性があるからです。ちなみにHbA1cの数値に関しては6.5%以上は再検査、5.6%以上は特定保健指導ということになります。

 

何にしてもどちらかが基準値を上回っているのでしたら、とにかく糖尿病対策を始めなければいけません。もう糖尿病目前であるということを理解して生活をする必要があります。またHbA1cが正常値だとしても空腹時血糖値が基準を超えているのでしたら対策を始めるようにしましょう。

 

血糖値の正常値と基準値について

 

血糖値の対策をする上で正常値と基準値を知らないと、したくても出来ないというのは理解出来るでしょう。空腹の場合の血糖値について正常な基準値を紹介します。また糖尿病の診断基準に関しても理解しておきましょう。そもそも血糖値というのは一種類ではありませんので、複数の血糖値の確認が必要になります。

 

血糖値の正常値に関して説明します。まず空腹時血糖値ですが、これは9時間絶食後の血糖値になります。この空腹血糖値が126mg/DL以上だと糖尿病が疑われます。さらに日本糖尿病学会によれば80〜110mg/DLが優、110〜130mg/DLが良、130〜160mg/DLが可、160mg/DL以上が不可と位置づけされています。

 

次にHbA1cの値に関してですが、これは血中ヘモグロビンとブドウ糖が結合したタンパク質のことを指しており、これによって過去1〜2ヶ月の平均血糖値を確認出来ます。検査日は血糖値が正常値でもHbA1cの数値が高ければ「今日は問題なかったけど、以前は高めだった」と判断することが出来ます。糖尿病の可能性としては値が6.5%以上とされています。

 

日本糖尿病学会によると6.2%未満が優、6.2〜6.9%が良、6.9〜8.4%が可(不良)、8.4%以上が不可であるということを覚えていてください。それ以外にも血糖値の種類には、75gOGTT2時間値や随時血糖値があり、これらを検査して糖尿病か判断します。とにかく基準値や正常値を超えていたら、すぐにでも生活習慣を見直す必要がありますので、その点を意識しておくようにしましょう。

 

食後に眠くなるのは糖尿病と関係ある?

 

食後に眠気や倦怠感が出てくることがあるとは思いますが、実はそれは食後血糖値が高いサインの可能性があります。食後血糖値が高い場合、隠れ糖尿病である可能性がありますのでしっかりと把握しておいてください。

 

食後に急激な眠気に襲われる方は食後血糖値が高い可能性があります。食事から2時間後の血糖値が140mg/DL以上になってしまうと、多尿の症状が出てきてしまいますが、排尿により糖が失われて空腹感や眠気が出てきます。異常な眠気に関しては糖尿病の症状の一つとなっており、他にも持久力低下や目がかすむとうのも糖尿病の症状になります。

 

高血糖が原因で眠気が出る場合、食後高血糖である可能性が高いのですが、食後血糖値が高くても空腹時血糖値が正常値である場合があります。健康診断などで空腹時血糖値のみ検査することも多いのですが、これによって隠れ糖尿病を見逃してしまうことがあります。これによって発見が遅れてしまって進行してしまうことがありますので注意しておきましょう。

 

さらに空腹時血糖値と食後血糖値の差が大きい場合に関して、動脈硬化のリスクが高まってしまいます。これはマウス実験でも報告されており、かなりハイリスクである状態なので気をつけましょう。とにかく食後に非常に強い眠気が出るというのであれば、食物繊維から先に食べたり、一度に多く食べ過ぎないようにすることを意識するようにしましょう。また間食をやめるなど意識してみると、それだけ変わってくるはずです。

 

ヘモグロビンa1cと食事や飲酒の関わり

 

食事に関して過剰摂取をしすぎない方がいいというのは誰もが理解していることだとは思います。もちろん外食、間食、飲酒の過剰摂取に関しても糖尿病を悪化させてしまう恐れがあるのですが、これらとヘモグロビンa1cにはどういう関係があるのかについて紹介します。

 

まず外食ですが、する人としない人の差は平均で0.2%程度しかなくあまり変わらないとされていますが、夕食を外食にしている場合は別で、ヘモグロビンa1c値が7.8%になる方もいるので注意しましょう。夜にどうしてもカロリーを多めにとってしまう方がいらっしゃいますが、朝や昼に摂った方がいいということも理解していてください。間食に関してですが、間食しない人と比べてもそこまで差はありません。

 

ただ夕食後に間食をするとヘモグロビンa1c値が高まりますので注意してください。そして飲酒に関してですが、お酒を飲むだけでしたらヘモグロビンa1c値が大幅に変わるということはありませんが、つまみに問題があります。お酒を飲む際にはつまみがあると思いますが、これは上記で言う間食になりますので、それによってヘモグロビンa1c値が高まってしまうということがあります。

 

カロリーが多いものを食べてしまうとよりヘモグロビンa1c値を高めてしまいますので、お酒を飲むならつまみは極力食べないようにするか、またはカロリーが低いものにするかにしましょう。ここまでで気付いた方も多いはずですが、基本的に夜に食べるとモグロビンa1c値というのは高まります。食べるタイミングにも注意しておくといいでしょう。

 

糖尿病の診断基準のヘモグロビンa1cについて知る

 

ヘモグロビンa1cの数値に関して、糖尿病を診断する上で非常に重要な数値になります。そもそもこれは何かについてですが、これはブドウ糖と結合したヘモグロビン量のことです。糖尿病を判断する上で基準となる数値は空腹時血糖値とヘモグロビンa1cであり、これらによりどうやって糖尿病と診断されるのかについて説明します。

 

健康診断を受ける際に血糖値が高いので病院で検査をして下さいと言われても、自覚症状もないし仕事も忙しいから放置する方が多いのですが、そういう方は注意が必要です糖尿病病の診断基準に関して1回で分からないことあありますので、再検査と言われた場合は、おとなしく再検査をするようにしましょう。また食事だったり生活習慣も見直す必要がありますので、自己判断しないで医師の診断を受けて健康管理をするようにしましょう。

 

糖尿病の診断基準は空腹時血糖値とヘモグロビンa1cが重要ですが、空腹時血糖値というのは朝食前の空腹時に測る血糖値であり、これを測る際は前日の21時以降は食べ物を口にしないで翌日検査に望んでください。ちなみにこの空腹時血糖値というのは非常に差が出るものであり、日によってかなり違いが出てきます。空腹時血糖値が健康診断で問題がなくても糖尿病を患っているということがあります。

 

そう見落としてしまうことがありますので、そうならないようにするのがヘモグロビンa1c値であり、これは過去1〜2ヶ月の血糖値の平均が出来るものであり、それによって糖尿病かどうかを判断します。また数値に関してどれが正常値なのか、どれが高いのかということも理解しておかないと意味がありませんので、それを覚えることも大切です。

 

ヘモグロビンA1cを下げてくれるサプリメント

 

もしも血液検査などでヘモグロビンA1cが高い数値になってしまっていたのであれば、改善するためにも病院にいき、改善するための治療法を実践するようにしましょう。相当基準値よりもヘモグロビンA1cが高くなってしまっているのであれば、糖尿病を専門にしている医師に診察をしてもらうことを強くおすすめします。

 

生活習慣を改善させることでヘモグロビンA1cを改善していくことができる場合もあるのですが、いずれにしても早期治療をすることが重要なのです。そこまで高いわけではないけど、これ以上数値が高くならないようにしたいのであれば、炭水化物の摂取量を減らすようにしましょう。全く炭水化物を摂取しないようにするのが望ましいでしょうが、全く摂取しないのは難しいという人も多いと思います。

 

このような場合は、食事をした後にウォーキングを30分位するようにして、糖質を燃焼させやすくするようにしましょう。そうすれば、血糖値の上昇を阻害させやすくすることができるようになります。ただ、これまでの生活習慣に慣れすぎてしまっていると、思ったように運動をしたり食生活の改善をすることができないものです。

 

ですので、サポートとして、ヘモグロビンA1cを下げやすくしてくれる栄養素が配合されているサプリメントも摂取することを検討した方がいいでしょう。そのヘモグロビンA1cを下げやすくしてくれる働きがあるとされているものとして、菊芋やEPA、DHA、ナットウキナーゼ、高麗人蔘、田七人参などが挙げられます。

 

田七人参
昔から薬としても用いられていたのが田七人参です。非常に高い栄養価になっており、一度栽培をしたら10年間は土地を休ませる必要があると言われるほど、土の中に含まれている栄養素を取り込んでいます。ヘモグロビンA1cを下げてくれる働きがあるだけではなく、高血圧予防や肝臓病予防、免疫力アップ、抗酸化作用などといった色々な働きも期待できるとされています。さらに、高麗人蔘と比べて、サポニンが7倍も含まれているため、ヘモグロビンA1cが高くならないように抑制しやすくなっているのです。

更新履歴